ぐんぐん伸びる英語の勉強、学習方法をご紹介します。時間は平等にしかありません。効率的な上達方法を選択し、ガンガンレベルアップしていきましょう。当サイトでは効果が実証されているプログラムのみお伝えしています。

英語勉強方法

オススメ教材

    リスニングパワー

製作者であるスコットペリーは、日本人に英語を教えることに関しては右に出る者はいないというぐらい、
日本人に英語を教えています。

過去にリスニング教材を聞いていたけど、全く進歩がなかったという人でも
効果が実感できるでしょう。


syousai

kousiki




1

英語習得の基本

英語力には、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング

の4つの技能があります。

英語の達人とは、これら4つの技能をバランスよく使いこなせる人です。

これら4つの技能を頂点とする四角形をトータルな英語力としましょう。

いってみれば「英語の四角形」です。

「英語習得の基本」一覧はこちら



2

リスニング力アップ

最初から音の感覚が優れている人や、

子供のころから英語をやっていた人にはわからないかもしれませんが、

学びはじめの人にとって、リスニングほどツラいものはありません。


私が英語の勉強のなかで一番苦労したのが、このリスニングです。
一度英語を聞くための耳が開き、聞き取れるようになると、


「リスニング力アップ 」一覧はこちら



3

スピーキング力アップ

日本人の多くの人が、「いざ英語を話そうと思っても、それに合う英語の表現が思いつかない」
とよく言います。

そのため、外国人に話しかけられても、ひたすら口をアングリさせている状態になってしまうのです。はっきりいってネイティブスピーカーでもない・・・

「スピーキング力アップ」一覧はこちら



4

リーディング力アップ

リーディング力をアップするには、「英語を読む」ことに関する、

日本人が陥りがちな誤解をあらためる必要があります。

その誤解には、大きく次のふたつがあります。

①英文を日本語に訳しながら理解する

②英文をうしろから戻って理解する

多くの人たちが・・・


                 「リーディング力アップ」一覧はこちら



5

ライティング力アップ

英文を書くとき、英語に慣れていないうちは、

頭の中で「言いたいこと」を日本語で考えることと思います。


本当は英語で考えられるようになるのがベストなのですが、

最初のうちは仕方がありません。

その際に頭に浮かぶのは、普段から使っている日本語の言いまわしではないでしょうか。
実は・・・


                 「ライティング力アップ」一覧はこちら





【PR】 犬のしつけならおまかせ http://inunosiawase.com/

英語勉強方法

「英語は3日で話せるようになる!」

「聞くだけで自然にペラペラ!」


そんな内容を期待しているのでしたら、ごめんなさい!

残念ながら、私にはそのような方法はわかりません。

また、そんな方法があるとは思えません。


当サイトでは、英語学習に関しての私の失敗体験や成功体験に基づいた

具体的な方法をたくさん紹介していきます。

ふざけた遠回りはやめて、どうせやるなら今度こそ本気でやってみませんか?

「使える英語」へ
昔も今も、中・高と英語の成績がトップクラスで、

難関の大学に合格できても、社会人になって、ビジネスの現場で英語での会話がまともにできな人はたくさんいます。

6年も7年も英語の勉強をしてきて、

しかも学校での成績も抜群だったはずにもかかわらず、英語が話せないのです。

これはなんとも不思議な話です。


成績のよさがプライドというプレッシャーになり、

英語を話すことへのブレーキとなっていることもあります。

今こそ悪循環を断たなければなりません。

当サイトで紹介している英語の勉強方法をひとつでもふたつでも、日々の学習にとり入れていただき、


「研究するだけの英語」から「使える英語」への脱皮を果たしていただければ幸いです。

英語学習ストーリーを楽しもう。
母国語でないもうひとつの言語を学ぶということは、

ただの勉強ではなく、自分の文化を見つめ直し、

人間についての考察を深め、人生の幅を広げることにほかなりません。

そこには、人それぞれさまざまな涙と笑いのストーリーが生まれます。

あなたの英語学習ストーリーはどんなものになるでしょうか?

きっと私が経験したのとはまた違う面白いストーリーがはじまります。

あなただけの感激のストーリーを、大いに楽しんでいただきたいと思います。

英語は「学問」ではなく「技術」
英語を含めた言語能力とは、言葉を使って人とコミュニケーションができる力のことです。

そして、コミュニケーションの基本は会話であり、

リスニング力とスピーキング力は不可欠です。

日本人の英語はこのリスニング力とスピーキング力が大きく欠けているのです。

そのため、英語での会話がまったくできない人が多いのが現状です。

これは、日本人が英語を誤解して捉えていることに、大きな原因があると私は考えています。

つまり、日本人の多くは、英語を国語や数学、理科、社会といった

「勉強」と同じものとして捉えているのです。

そのため、知識や理論を増やしていけば

英語をマスターできると考えている人が少なくありません。

しかし、その考えは間違っています。

  英語は「学問」ではなく「技術」

体を使って練習しなければ、英語は上達しない
たとえば、野球などのスポーツやピアノなどの芸事は、

知識や理論をいくら知っていても上達しません。

また、ただ見ているだけでも、聞いているだけでもうまくはなりません。

長嶋茂雄さんの講演会を聞きに行って野球がうまくなれますか?

天才ピアニストの話を聞いて、ピアノが上手く弾けるようになれますか?

なれませんね。

各プレーヤーや名監督の話を聞くことは非常にいい経験です。

しかし、あくまでもそれはプレーをするためのコツをつかむためのもの。

その後は、何度も何度も体を使って練習しなければ、

せっかく聞いたコツも、単なる知識で終わってしまいます。

英語もこれと同じです。

英語の練習とは、ズバリ「音読」です。

ただしい英文を声に出して何百回も読み、

さらには暗記し、繰り返し唱えて読むスピードを上げていくのです。

   「音読」を学習の中心に据える

英語力をつけるうえで、語彙力の強化はかかせません。
リスニングやスピーキング、読み書きの能力をつけるためにも必要になります。

しかし、あなたは高度な英語力を身につけるだけの語彙力をもっているでしょうか?
文部科学省の「学習指導要領」では、中学・高校の6年間で
2,700単語を学習することが義務付けられています。

しかし、TOEICやTOEFLで高得点をとるためには、
約8000語~10000語が必要だといわれています。

もしあなたが、TOEICで高得点をとりたいと思ったら、
中学・高校で学習した2,700語の語彙を
3倍~4倍に増やすことが必要になってきます。

では、英単語を覚えるための近道はあるのでしょうか・・・

■ 英単語をふやすためのテクニック
残念ながら、英単語を覚えるための近道はありませんが、いくつかのテクニックを
使用することで、語彙学習の効果を高めることはできます。

例えばある大学教授によると、
・語呂合わせで覚える
・文脈から意味を推測する
・語源で単語を覚える

というテクニックを紹介しています。
その中の「語源で単語を覚える」ということがお伝えしたいことなのです。
では、語源で覚えるとはどういうことでしょうか?
語源とは単語のなりたちのパーツのことです。

単語には、接頭語や語幹、接尾語と呼ばれるものがあります。
それらを知ることによって、語彙を習得しようというものです。
では具体的に見てみましょう・・・

■ 語源の具体例
たとえば、pend という単語をみてみましょう。
pend には「つるす」という意味があります。
ペンダント(pendant)は、首からつるすアクセサリーのことですよね。

このpend に sus (下に)という接頭語をつけるとどうなるでしょう?
するとsuspend となります。

suspend とは 下につるすということから「保留する」という意味になります。

ズボンをつるすサスペンダーもここからきています。
また『火曜サスペンス劇場』でおなじみのサスペンス(suspense)とは、
宙ぶらりんの状態⇒ハラハラさせる「状態を意味します。

もう少し例を見てみましょう
ではdepend はどういう意味でしょうか。

これはあなたも1度は目にした事のある単語でしょう。
d e は「下に」という意味です。
つまり、何かの下にぶら下がる⇒頼る、依存する
という意味になります。

では、independent はご存知でしょうか?

in は否定を表します。
なので、頼ることの反対で、「独立している」になります。

■ 語源学習のメリット

これまで、3つの単語を見てきました。
これをまとめると、以下のようになります。
suspend      保留する
depend       頼る
independent     独立した

「保留する」「頼る」「独立した」という一見
何の関係もなさそうな単語が、実は
つながりがあったということがおわかりになるでしょう。

このような語源を使った英単語学習法には2つのメリットがあります。

1つ目は、忘れにくいことです。

もしあなたがアルファベットのaから順に丸暗記するとしたら・・・
それは大変な手間がかかり、一時的に覚えることができたとしても
長期間覚えている自信は少ないのではないでしょうか?

そして2つ目は、はじめて出会った単語の意味を推測できることです。

語源を知らなければ文脈から推測するしかありません。
語源を知っていれば文脈がなくてもある程度意味を推測できます。

知っていると知らないでは大きな違いです。

■ 魔法の英単語とは
さて、ここまで語源を使った学習法についてお話してきました。

ここで、魔法の英単語についてご紹介したいと思います。
魔法の英単語とは、ミネソタ大学のジェームス・I・ブラウン博士が提唱したものです。

それは、20の接頭語と14の語根を学習することで、
14,000以上の英単語の意味を推測する手がかりが得られるというものです。

そして、その鍵となる20の接頭語と14の語根は、
“14 master words” とよばれる14の英単語に全て網羅されているのです。

では、その14の英単語をご紹介しましょう・・・

14 master words

1.precept  
pre 前に  cept 取る
前もって取ったものということで、
教え、教訓、戒め、金言、という意味になります。

basic moral precepts 基本的な道徳の指針
のように使います。

ちなみに intercept  だと
inter 間に  cept 取る
インターセプト  となります。

2.detain  
de 離れて  tain 保つ
離れたところに保たれるということで
拘留する、引き止める、という意味になります。

He was detained in Washington in urgent business.
彼は、急な仕事でワシントンに残された。

3.intermittent
inter 間に  mit  送る、投げる
間に投げられたものということで
継続的な、間欠的な、という意味になります。

The weather forecast is for sun, with intermittent showers.
天気予報は、晴れときどき雨でしょう。

4.offer  
ob ~に対して  fer 運ぶ
~の方へ運ぶということで、
提供、申し出、という意味になります。

The company made an offer of $5 million for the site.
その会社は、その土地に500万ドルのオファーを申し出た。

offer は、ビジネスでも良く使われる単語ですね。
動詞で「提供する」という意味もあります。

5.insist  
in ~の中に、上に  sist 立つ
~の上に立て譲らないということで、
主張する、言い張る、という意味になります。

Why don’t you call them up today? Oh, if you insist.
なんで今日は彼らに電話しないの?  どうしてもって言うなら・・・

6.monograph
mono ひとつの  graph  書く
ひとつのことについて書かれたものということで
特定分野の学術論文という意味になります。

7.epilogue  
epi ~の上に   log(y) 言葉、学問
~上につけられた言葉ということで、
結末、結びの言葉、という意味になります。

a disastrous epilogue to his career
彼のキャリアの悲惨な結末

8.aspect  
ad ~に向かって  spect 見る
~のほうを見るということで、
見方、側面、という意味になります。

Dealing with people is the most important aspect of my work.
他人とうまくやっていくことは、私の仕事における最も重要な側面です。

9.uncomplicated

un ~でない  com  共に ply  折る
一緒に折り重ねられていないということで
複雑でない、単純な、という意味になります。

For adults, getting dressed is an uncomplicated business.
大人にとっては、服を着ることは簡単な仕事だ。

10.nonextended  
non ~でない   ex 外に tend  伸ばす、引く
外に広がっていないということで、
延長されていない、という意味になります。

The nonextended family system is now widespread.
核家族の組織が今広がっている。

11.reproduction  
re 再び  pro 前に duct  導く
再び前に導かれたものということで、
複製品、再生産、という意味になります。

Unauthorized reproduction of this publication is strictly forbidden.
この出版物を無許可で複製することは、厳禁です。

12.indisposed
in ~でない  dis  離れて pose  置く
(元ある場所から)離れて置くことができないということで
出席できない、気が向かない、という意味になります。

Mrs. Rawlins is temporarily indisposed.
ローリンスさんは、一時的に出席できません。

13.oversufficient
over 超えて  sub 下に  fic  作る、なす
十分になされた状態を超えているということで、
過剰の、という意味になります。

oversufficient quantity of girl friend
過剰の彼女

14.mistranscribe
mis 誤った  trans  超えて  scribe  書く
誤って向こうに移して書くということで、
誤って書き写す、という意味になります。

A secretary mistranscribed the witnesses’ statement.
秘書は、証人たちの口述を誤って書き写した。

以上が魔法の英単語14語です。

いかがだったでしょうか。
語源を覚えると忘れにくい、意味を推測できるというメリットがあります。
あなたの語彙力を強化するために役に立つことと信じております。

ぜひご活用いただければ幸いです。



最新投稿

  • 英語勉強方法|学習方法【上達への道】

    英語力を効率的に伸ばすの勉強、学習方法をご紹介しています! どんなに毎日、朝から晩まで寝る暇を惜しんで勉強しても、 正しい方法でなければ、上達まで時間がかかってしまいます。 時間は効率的に使った人の勝ちです。 同じ時間を …

  • 英熟語の覚え方・暗記方法

    英熟語を効率よく暗記するには、 英文法の型を意識することが重要です。 というのも、 英熟語は文法的な型を理解しなければ上手に使うことができないからです。 たとえば、”pick up” と R …

  • 英単語カードを使っての暗記方法

    英単語カードを3つの山に分けて、くり返し覚える 私が学生時代からよくやっている英単語の暗記方法が、 単語カードを使っての暗記法です。 用意するのは名刺サイズくらいの情報カードです。 まず表面に「単語」とそれを使った「英文 …

  • 英単語の覚え方|暗記法【ネットワーク化】

    単語や熟語の暗記には、五感や体全体を使う 英語などを含めて語学の勉強は、語彙力増強との闘いといえます。 語彙力を増やすには、さまざまな手段を使わなくてはいけません。 私自身、英語の勉強をはじめてからというもの、 何度『ド …